専門家コラム

専門家コラム 記事一覧

子どもの金融教育は0歳からできる!子どもの自活力を育てよう!

人生100年時代となり、今の子どもたちが大人になる20年後には、国民の3人に1人が65歳以上になると言われています。 このことから、子どもたちが将来受けられる社会保障(年金や医療)は、今の大人が受けられるものよりも期待ができません。終身雇用、賃金右肩上がり、大学を卒業して就職すれば人生安泰、と……

個人型の確定拠出年金とは?仕組みや特徴をわかりやすく解説

新聞やテレビなどのメディアでの露出に加え、書店でも「確定拠出年金」に関する本や雑誌が目につくようになりました。一口に確定拠出年金と言っても、実は大きく分けて2つの制度があります。 一つは企業が実施している退職金制度としての「企業型確定拠出年金」であり、もう一つは個人が“公的年金の上乗せ”とし……

低収入の方でも貯金ができるコツをFPが解説

人は労働の対価としてお金を得ることで、医衣食住にまつわるサービスを受けることができます。思うように収入を得られていない人は、医衣食住を受けながら生活していく上で、ライフイベントに遭遇したときに金銭面での不安が発生しますよね。 例えば、住宅購入や子供の学費、そして老後の不安です。毎月の収入が少……

家事や育児で忙しい主婦でも続けられる貯金の方法

テレビやスマートフォンにて平均貯蓄額のニュースを観ても、「余裕がある人の話」「自分とは関係が薄い」と他人ごとだと思っていませんか? 2019年に金融広報中央委員会が行った『家計の金融行動に関する世論調査』によると、30歳代の平均貯蓄額は529万円であり、中央値は240万円となっています。 ……

ライフプランニングとは?言葉の意味や簡単な作り方をFPが解説

子どもたちを育てるため教育などにかかる“お金”は本当に足りるのだろうか? “老後2000万円問題”が話題となったように人生100年時代と言われる昨今、「老後のお金は本当に足りるのだろうか?」と金銭的な不安を感じている方は多いのではないでしょうか。 将来における金銭的な不安を少しでも明るく……

20代が貯金するコツは?目標の立て方とお金を貯める

20代は社会人としてのスタートを切り、多様なライフステージの変化の可能性がある年代です。一方で、収入は低めであまり余力がないのも特徴です。 このコラムでは、そんな20代が未来に向けてしっかりと資産形成をしていく方法について、ファイナンシャルプランナーのアドバイスをもとに考えてみましょう。 ……

“人生100年時代”を乗り切るライフプランの作成方法とは?

ライフプランとは、人生における生活設計のことです。たとえば、「海外に留学したい」「早く結婚して子どもがほしい」「庭付き一戸建てに住みたい」など、一人ひとりが持っている将来の夢や希望の計画です。 きっと誰もがひそかに「こうなったら良いなあ」という想いを抱えて日々を送っているはず。でも、それらを漠……

30代の人が貯金するときに知っておきたいコツ

30歳代といえば、社会人になって10年程度が過ぎた頃。徐々に収入も上がり、家計も安定する時期です。今後は、結婚や住宅購入、出産・育児など、多くのお金が必要になるライフイベントが控えていますよね。 そこで、ファイナンシャルプランナーとして、日頃から多くの家計相談を手がけている筆者が、30歳代の人……

企業型確定拠出年金とは?制度の概要とメリット・デメリットを解説

勤務先の会社で導入していて加入する人が増えており、年金制度の一つとして身近な存在になってきた“企業型確定拠出年金”ですが、仕組みや運用のことまで正しく理解している人は意外と少ないようです。 企業型確定拠出年金とは、勤務先の会社が掛け金を拠出し、従業員が将来受け取る年金を運用しながら準備していく……

子どもに必要な教育費の目安と具体的な貯め方をFPが解説

私はファイナンシャルプランナーとして、子育て世帯を中心に3000件を超える家計相談を受けてきました。 一般的なサラリーマン家庭のキャッシュフロー表(数十年先までの家計収支と手元のお金の残高シミュレーション)を作成してみると、子どもの進路を中学から大学まで私立と想定した世帯だけでなく、公立の小・……