キャッシュレス時代の家計管理

クレジットカードや電子マネー、スマホのQRコード決済などが急速に広まってきています。

手軽にキャッシュレス決済ができるようになり、便利な一方で、やっぱり現金でないと不安だ、現金が目に見えないから使いすぎてしまうという方も多いようです。

今回は、キャッシュレス生活で簡単に家計管理できる方法についてお伝えします。

家計管理の基本は予算

家計管理というと、レシートを見ながら使ったお金を家計簿に記入し、入ったお金と出ていったお金を確認する。収支が合わなくて何度も計算機たたいたり、お金を数えたり、大変なイメージがあります。

家計簿つけ始めたけど続かなかったという方も多いでしょう。

家計管理の基本は計画(予算)です。

予算さえしっかりと決めれば、あとは予算通りに使っていくだけです。

急に入用があって予算通りにいかないという方もいますが、急に入用(予備費)の予算を作っていないからです。

予算が決まれば、貯金は貯金用口座に移動し、口座引き落としの支出は口座に準備し、現金の支出は口座から引き出します。

現金管理の場合は、袋分けで管理。

食費、交際費、娯楽費など封筒に分けて入れて、使った分だけ出していく。

封筒の残高を確認しながら、使うペースを調整する。

ざっくりとしているようですが、予算をしっかり立てることで、使えないお金(貯金)と使ってもいいお金がはっきり区別され、毎日家計簿をつけなくても管理できます。

カードで袋分け管理

現金での管理は袋分けですが、キャッシュレスの管理でも同じ考え方です。

封筒に現金を入れる代わりに、予算項目ごとにそれぞれの電子マネーにチャージしていきます。

例えば、食費はよく行くスーパーのポイントが貯まる電子マネー、交通費は交通系の電子マネーなど、使いやすさとポイントの貯めやすさを考えて分けてチャージしていきます。

私は楽天ポイントを貯めているので楽天Edyのカードを数枚使い分けています。

キャッシュレス決済の「前払い」を利用したカード袋分けです。

予算項目も家計簿に書かれている項目にとらわれず、買い物するお店別とかカード別で分けたほうが管理しやすいかもしれませんね。

食料品を買うスーパー予算、日用品を買う薬局予算、コンビニ予算は前払い電子マネー。

衣服費や外食費などでどうしても後払いのクレジットカードで支払う予算がある場合は、予算分をあらかじめカード引き落とし専用口座に入れておきます。

公共料金や通信費、保険料など毎月決まって出ていくお金もクレジットカードで支払うのでカード引き落とし専用口座に入れておきます。

キャッシュレス決済できない支払い(現金)予算も必要です。予算分の現金を引き出しておきます。

毎月、前払いの電子マネーでいくら、同時払いのデビットカードやQRコード決済でいくら、クレジットカードでいくら、現金でいくらと最初に決めておき、あとは予算に合わせて使うだけ。

電子マネーのオートチャージ機能は使わないでくださいね。あくまで予算分だけ使えるカードとして使ってください。

家計簿で一括管理

家計管理は予算が基本と言いましたが、使ったお金を振り返り、無駄遣いを反省し、今後の使い方を考えるということも大切です。

でも家計簿をつけるのが面倒だという人は、電子マネーやクレジットカード、銀行口座などを連携してくれる家計簿アプリを使えば、日々の記帳をしなくても、自動で登録されますので、毎月の収支や残高の確認が簡単にできます。

ひとつのアプリですべて確認できるので、カードごとに残高や支払履歴を確認する手間も省けます。

キャッシュレス生活をすると、小銭がジャラジャラと入った重い財布を持ち歩かなくてよくなり、カバンがすっきりします。

駅で切符を買うために並ぶ時間が短縮できたり、コンビニ支払いも自宅でできたりするので、ついつい余計なものを買ってしまうということもなくなります。

知らぬ間にポイントも貯まっているので、一回分の買い物がタダになる時もあります。

利用履歴の確認やパスワードの管理などでセキュリティのチェックをすることと、

キャッシュレスが使えない時のために予備の現金を少し持ち歩くことは忘れずに、キャッシュレスのメリットを最大限に生かしたキャッシュレスの家計管理を楽しんでください。

著者情報

人物
氏名 生川奈美子(株式会社アスト代表取締役)
職種 ファイナンシャルプランナー
専門分野 家計管理、金銭教育
ライフプランニング
終活と相続に関するコーディネート
保有資格 ファイナンシャルプランナー(CFP®)、
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、相続診断士、
終活カウンセラー、住宅ローンアドバイザー、住宅建築コーディネーター