効率的にお金を貯めるための貯金計画の立て方と具体的な方法

将来のために貯金しておいた方がいいと思っていても、「なかなか貯金ができない」「どうやったら効率的に貯めることができるか?」と考えている人もいるでしょう。

効率的にお金を貯めていくためには、家計をチェックし、目的や目標を決めたうで、無理なく必ずお金が貯まる計画を立てることが大事です。

当記事では、ファイナンシャルプランナーである筆者が、効率よく貯金できる計画の立て方と具体的な方法をお伝えします。

今まで貯金できていなかった人は家計をチェックする

今までほとんど貯金ができていない人は、知らず知らずのうちに家計がメタボ状態になってしまっている場合があります。何か月も家計簿をつける必要はありませんので、直近1か月~2か月の支出をチェックして、スリム化できる支出がないかを考えてみましょう。

支出をスリム化するにあたって、特に効果的なのは「固定費」です。固定費とは、毎月同じ金額を払っているもののことを指します。

例えば、家賃、水道光熱費の基本料金、通信費、保険料、定期的に購入している新聞や雑誌、サプリメントやコンタクトレンズ、ジムの月会費やソフトウェアの定額利用料などです。

食費を削ろうと思うと毎日のガマンが必要になりますが、固定費を一度見直せば毎月自動的に節約ができます。今一度、「本当にこのサービスは必要なのか?」「他の割安なサービスに変えることはできないか?」と考えてみましょう。

生命保険の料金と携帯電話の通信費は削減しやすい

筆者が家計相談を受けた場合にまず見直すのは、生命保険と携帯電話の通信費です。

生命保険は人に勧められて何となく加入していたり、加入した時は必要だったが現在では不要な保障に入っていたりすることがあります。

「加入している保険の内容は必要な保障なのか?」を、ファイナンシャルプランナーや来店型の保険ショップのスタッフなど、専門家のアドバイスを受けながら見直しを検討しましょう。

また、携帯電話の通信費も同様です。加入当初のプランをずっと続けていると、今の利用状況に合わないプランに加入し続けていることがあります。

格安スマホなど、今使っている通信事業者以外への乗り換えすることで通信費を減ら可能性があるので、固定費を節約したい人は検討してみてください。

家計をチェックした後には無駄遣いを減らす

日々の生活で少額の無駄遣いがあれば、少し控える努力をしましょう。例えば、通勤の時の無意識なコンビニでの買い物や、スーパーに行った時の目的以外の追加の買い物などがあれば、少し意識して控えるだけでもグッと支出を抑えることができます。

また、家計簿への入力がストレスにならなければ、スマホの家計簿アプリなどで買い物の履歴を残すだけでも意識が高まって、無駄遣いを防ぐことができます。筆者も日々の支出を管理するツールとして“マネーフォワードME”という家計簿スマホアプリを利用しています。

マネーフォワードMEでは、利用している金融機関の口座やクレジットカードを登録すると自動で集計がされるので、自分で入力するのは現金の収支のみとなり、入力の手間を省くことができます。

有料版と無料版がありますが、無駄遣いを防ぐためであれば無料版でも十分活用することができます。

貯金計画を立てたい人は貯金の目的をしっかり持つべき

ダイエットなどでも、「何となく痩せたい」と思っていても良い結果は出にくいのではないでしょうか。痩せるためには食べたいものを抑えたり、したくない運動をしたりしなくてはいけません。目標が曖昧だと、ついつい楽しい方、楽な方に流されてしまいます。

「3か月後の友人の結婚式までに〇号のドレスを着られるようにしよう」「夏休みに海に行くのでそれまでに3kg体重を落としてお腹の脂肪を減らそう」といった具体的な目標があった方が、ダイエットを続けやすいですよね。

貯金も同じで、貯金の目標も決めずに何となく「〇万円ずつ貯めよう」と思うと、お金を使い過ぎてしまったり、欲しいものを見つけたりしてしまうとつい、財布の紐が緩くなってしまいます。

そのため、まずは貯金計画を立てるために、「何のために」「いつまでに」「いくら貯める」などの目的を書き出してみましょう。貯金の目的は、一つでも複数でもかまいません。

例えば、下記のような感じです。

【貯金の目的例】
  • 車の買い替えのために3年後までに頭金の100万円貯める
  • 年末のハワイ旅行のために50万円貯める
  • 結婚式や新婚旅行のために2年後までに150万円貯める
  • 老後資金のために65歳(30年後)までに2,000万円貯める

「何のために」「いつまでに」「いくら」貯めるべきかがわかれば、月々の貯金額も明確に決められます。例えば、前述の「車の買い替えのために3年後までに頭金の100万円を貯める」であれば、次のように計算ができます。

【毎月の貯金額の計算式】
100万円÷36カ月 ≒ 2.8万円

目的がはっきりすることで貯金を続けるモチベーションにもなりますし、明確な貯金額も決められます。つまり、効率的に貯金をするためには、「何のために」「いつまでに」「いくら」貯めるという計画を立てることがとても重要になるのです。

ボーナスがある人はボーナスを含めて年間の貯金計画を立てる

月々の貯金額が大きくなると、普段の生活資金が不足するかもしれません。ボーナスがある人は、ボーナスも含めた年間の貯金計画を立てるのもいいでしょう。

前述の「車の買い替えのために3年後までに頭金の100万円貯める」を例に考えます。まずは、年間貯蓄額を計算します。

【年間貯金額の計算式】
100万円÷3年 ≒ 33万円

年に2回ボーナスがあり、1回のボーナスでこの目的のために5万円の貯金が出来るとすると、ボーナスから年間10万円を貯めることが出来ます。ボーナスで貯めることができる金額を差し引いた分を月々貯金すると想定します。

【ボーナスを含めた場合の貯金額の計算式】
(33万円-10万円)÷12カ月≒1.9万円

月々3万円弱を貯める場合と比べると、ボーナスを含めた場合の貯金計画の方が月々の負担が少なくなりますね。

毎月の貯金額は無理のない金額から始める

目標を設定してお金を貯めることが大事ですが、毎月の貯金額の目標が高すぎると日々の使うことができるお金が少なくなってしまい、結局続けることが出来なくなってしまうかもしれません。

ダイエットでも、いきなりハードな運動や食事制限をしてしまうと続けられなくなり、途中でやめてしまって効果が出ないことがあります。

貯金も同じように、せっかく計画を立てても途中でやめてしまっては意味がありません。続けることができる金額から貯金をスタートしましょう。

例えば、毎月の貯金目標額が15,000円だった場合、毎月の貯金額を5,000円からスタートして、徐々に貯金額を増やしていくといったような決め方です。

貯金を始めると、日々の暮らしで使うことができるお金が減ってしまい、生活が窮屈に感じるかもしれません。

しかし、目標を持って貯金をすれば、その貯金が将来の自分の楽しみや安心のためになります。貯金額の決め方に注意しつつも、将来の自分のためにもちょっとずつ貯金をスタートさせましょう。

貯金が苦手な人は“先取り貯金”で効率的にお金を貯める

毎月、生活費から余ったお金を貯金に回そうとすると、毎月貯金できる金額が一定にならず、「結局1円も貯まってない」なんてことも起きてしまいます。毎月お給料をもらったら、まずは「先取り貯金」をして残ったお金で生活する習慣をつけましょう。

先取り貯金とは、お給料などが出た際にお金を使う前に先に別の預金口座などにお金を移して、お金を貯めていく貯金方法のことです。あらかじめ先取り貯金に回す金額を決めておけば、「今月は1円も貯められなかった」という最悪の事態を避けられます。

先取り貯金を利用してお金を貯めたい人は、自動化するために積立定期預金などの仕組みを利用しましょう。

積立定期預金は指定した金額を毎月、普通預金から定期預金に積み立てる仕組みです。金融機関によっては、1,000円からスタートすることができますし、一度設定すると自動的に積み立てられるので、毎月の手続きが不要となります。

積立定期預金の他、勤務先の福利厚生制度で財形貯蓄など給与から天引きで貯金が出来る仕組みがあればそれを活用するのもいいでしょう。

著者情報

人物
氏名 中野 敦成 ( LB PLANNING
職種 ファイナンシャルプランナー
専門分野 ライフプラン
家計見直し
資産運用
保有資格 2級FP技能士
AFP
2級DCプランナー